マンションを売るときに必要な不動産査定

不動産査定は所有しているマンションを売る前に必ずしておいたほうがいいことの一つです。
インターネットや電話では「机上査定」ができます。
机上査定とは、似たようなマンションの過去の成約例を参考にして、いくらぐらいの価値があるのか査定することです。
マンションがある住所や広さや間取り、築年数などの情報から、ある程度の査定価格が分かります。
はっきりとした査定額を知りたいなら、「現地査定(出張査定)」をすることが大切です。
机上査定で判断材料になるのは、マンションの表面上のデータのみです。
しかし、現地査定の場合は不動産会社の担当者に実際にマンションに来てもらい、内部や外観を見て査定額を出してもらえます。
同じ築年数の同じようなマンションでも、メンテナンスをしっかりしているかしていないかで市場価値が大きく違ってきます。
現地査定をしてもらえばその辺を実物を見ながら判断してもらえるので、より正確な市場価値を知ることができます。